うつ病 家族が疲れた時、すぐに実践できる5つのストレス対処法

メンタル
Jill WellingtonによるPixabayからの画像

うつ病は周りの方の心も痛めてしまう病気です。

患者さん本人もつらいでしょうが、それを支えるご家族も同時につらい思いをしてしまいます。

別の記事でも書いていますが、うつ病・うつ病患者さんのための情報は、様々な媒体で溢れていますが、患者さんを支えるご家族のための情報や相談窓口は多くはありません。

実際私も家族がうつ病になり、支える日々を送った経験があります。今でこそ、人にお伝えすることができますが、その当時は気持ちに全く余裕がなく、ストレスや不安・イライラを抱え日々を過ごしていました。

そんな生活の中で、私が実践してよかったことを5つの対処法として今回ご紹介いたします

はじめに

こちらの記事は、うつ病患者のご家族に向けて私の実体験をもとにご提案する対処法です。

うつ病にも様々な種類があり、患者さん・ご家族の環境もそれぞれだと思います。

今回ご紹介する対処法が全ての方に正解だとは思っていませんが、どれか1つでもあなたのお役に立つことができたら幸いです!

何卒ご理解の程、宜しくお願いします。

自身のためにするべき5つの対処法

1.物事を少し斜めから見る。

まじめな人ほど心身共に疲れます。 少しぐらい「捻くれてる」ほうが丁度いい時もあります。

まじめに患者さんと病気に向き合う人は、「うつ病患者さんをしっかり支え、日々の生活もきちんとこなそう。」 と、思ってしまいがちですが、はっきり言ってそれは疲れ果てます。

私は、もともとまじめな人間ではないのですが(笑)それでも家族がうつ病を患ったとき妙に正義感と義務感が高まってしまい、自分の生活をガチガチに固めてしまいました(苦笑)

最初は、頑張ってなんとか日々を過ごせてもどこかで「ガクン」と自分が疲れていることに気づくタイミングが訪れます。

それでも疲れた自分に「頑張らなければ、しっかりしなければ」と鞭打って生活しても 自身の心身を追い詰めてしまうだけです。

そんな時は、一度自分の頭をリセットするために丸一日何も考えず、ゆっくり休んでみましょう。

ちなみに私は、会社を休んで家事も全くせずケータイの電源も切り、一日中布団でゴロゴロボケーッとしてリセットしました(笑)十分な睡眠もとても大切です。

リセットしたら今の生活、物事を少し斜めから見てみましょう。

正面から向き合うのではなく、一歩引いて自分が楽になるための方法を優先して考えてみるのです。そうすると新たな考えや柔軟な対応も自然とでき始めます。

「お医者さんの快夢まくら」

手を抜けるところは抜く、サボるとこはサボる、頼めるものは頼みましょう。

2.真っ向勝負はしない。

先ほども書きましたが、物事を少し斜めから見始めると今の自分の状態を客観的に判断しやすくなります。

そうすると、自分が頑張り過ぎていたことに気づくことでしょう。

真っ向勝負していた自分に。。

患者さんに対しても、病気に対しても、日々の生活に対してもです。

これは、ビジネスや様々な場面でも同じことが言えます。

例えば、お客様や取引先のことを第一に考え、自身が身を削って会社が潰れたら何の意味もありませんよね。

自身と会社の利益のために、お客様や取引先と上手に付き合う方法を考える方が有益ですね。

そうです。あなたが患者さんのことを第一に考え、自身が身を削って家族が潰れてしまったら何の意味もありません。

患者のためではなく、自分や家族みんなのために、患者さんや病気と上手に付き合うことを考えるのです。

大声出してストレス発散「叫びの壷」

真っ向勝負は「ここぞ」という時に取っておきましょう!

3.自分自身へのご褒美をたくさん用意する。

これは非常に簡単かつ効果的ですぐに実践できる対処法です(笑)

「自分は毎日よくやってます!そんな自分にご褒美だ!」とうことで何かと理由をつけて、自分にご褒美を用意してください。

欲しかった物を思い切って買ったり、たまにおいしい物を食べに行ったりなど、自分が嬉しいと思う事を積極的にしてみてください。

ただ、財布とはよく相談してくださいね(笑)

私の場合、なるべく多く自分のご褒美を用意したかったので、一気に高額な物・食事ではなく、いつも使ってる日用品・小物をワンランク上の物にしたり、普段買わなかったコンビニのおいしそうなスイーツを買ってみたりしました。

あとは、お風呂にいつもよりゆっくり入る。入浴剤も沢山の種類が売っていますので、私の場合、毎日色々な香りの入浴剤でリラックスしていました。

注目!ヒカキンが絶賛した★テレビランキング番組1位獲得!入浴剤 福袋 100個セット/ 安心の日本製! 入浴剤福袋/温泉/送料込み/送料無料/プレゼント//お歳暮 ギフト/【コンビニ受取対応商】【沖縄・離島は別途送料】


感想(8737件)

それだけでも、ニヤニヤしてしまう自分がいましたよ。

患者さんとの生活に疲れてしまうと、なかなか自分の趣味や欲しい物など考えなくなってしまいがちです。

私も疲れやストレスがピークだった頃は、仕事・家庭・患者のことしか頭にありませんでした。

気が付いたら、自分がやりたいこと、欲しい物が何なのか自分でも解らない状態でした。 そうなってしまうと、擦り減ってしまった心身を回復させるのは非常に大変です。

疲れ・ストレスが溜まっていると感じたら、すぐにご褒美を!

常に、無理矢理にでも自分が嬉しいこと・ご褒美を考えて生活してみましょう。

【充電式お風呂用水素発生器スパーレ】

4.少しでも自身の変化に気づいたら早めに受診する。

患者さんと向き合い大変な毎日を過ごしていると、少なからず不安やストレス・イライラが溜まってしまいますよね。

近くに相談できる方がいるだけで非常に助かりますが、なかなか上手く伝えられなかったり、すぐに相談できなかったり、そもそも相談できる方がいなかったり、、、。

そんな日々が積み重なると、自分でも不安・ストレス・イライラをコントロールするのが難しくなることもあります。

少しでも心身の変化に気づいたら、色々考えず早めに受診をすることをおすすめします

私の場合相談できる方はいたのですが、自分からなかなか相談できず溜め込みすぎて調子を崩してしまいました。

医療機関に受診しに行こうと思っても「患者を支える立場の自分が受診するなんて。」という気持ちが心の中で邪魔をして、躊躇してしまい、ようやく初めて家族の担当医師に相談したときには、ボロボロ状態でした。

そのとき「もっと早く相談しておけばよかった。」と心底痛感しました。

そうならないためにも、どんな形でも構わないと思います。 とにかく早めの受診をおすすめします。

医師の診察までは、という方はカウンセラーや各市区町村の相談窓口など、色々活用してみましょう。

こころの健康相談統一ダイヤル(0570-064-556)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/jisatsu/kokoro_dial.html
各自治体の相談窓口に繋がるので、電話相談して、実際にセンター窓口に行くこともできます。

こころの耳
http://kokoro.mhlw.go.jp/
厚生労働省によるサイトで、さまざまな情報が掲載されているので、お勧めです。

いのちと暮らしの相談ナビ
http://lifelink-db.org/common/
条件検索で、自分に合った相談窓口を調べることができます。

よりそいホットライン(0120-279-338)
https://www.since2011.net/yorisoi/
24時間通話料無料です。

どんな病気もそうですが、早期発見・予防が大切です!

うつに負けない 前向きごはん ─腸からメンタルを改善する栄養メソッド [ 工藤孝文 ]

5.優先すべきは自分自身

他の記事でも書いていますが、患者さんの為を思うなら、まず優先すべきはあなた自身のことです。

人を支えるということは素晴らしいことです。

しかし、支える人にもまた支えが必要なのです。

あなた自身のこころと身体・生活に余裕があるからこそ、患者さんを精一杯支えることができるのです。

極端な話をすると、倒産寸前の会社の社長さんが社会貢献活動したいと言ったら、あなたはどう思いますか?

「まずは会社が大事でしょっ!」って思いませんか?

会社には社員がいて、その社員には家族がいます。

その人たちを守るため、社長さんはまず会社を倒産させないことに集中するべきですよね。

会社を倒産させないよう経営努力をするためには、社長さんが元気でなければいけません。

社長さんが元気で、たくさんの人に支えられて会社を立て直すことができ、社員の生活を守れてはじめて、社会貢献活動ができるのではないでしょうか。

あなたも元気な毎日を送り、たくさんの人に支えてもらうことを最優先してみると、きっとこころのパワーがみなぎり、患者さんをこころから支えることができるはずですよ。

まとめ

いかがでしたか?

今回ご紹介した5つの対処法は、私の実体験をもとにした実践的な対処法です。

あなたがこの対処法を日々の生活のなかに取り入れてくださり、お役に立つことができれば幸いです。

患者さんを支える毎日は経験した人でしかわからない、言葉では簡単に言い表せない葛藤の日々ですよね。

かっこつけても、きれいごと言ってもどうしようもありません。

かっこ悪くても、きれいじゃなくても元気が一番です!

患者さん・ご家族の試行錯誤の毎日に明るい未来があることを心より願っております。

プロフィール

みなさま、こんにちは!

けんちゃんサービスのけんちゃんです。

心理カウンセラー/メンタル心理アドバイザーをしております。

ブログでは私の実体験で得た、教訓・知識を発信しております!

みなさまのお役に立てると嬉しいです。

よろしくお願い申し上げます。

プロフィール

みなさま、こんにちは!

けんちゃんサービスのけんちゃんです。

心理カウンセラー/メンタル心理アドバイザーをしております。

ブログでは私の実体験で得た、教訓・知識を発信しております!

みなさまのお役に立てると嬉しいです。

よろしくお願い申し上げます。

メンタル
けんちゃんサービス

コメント

タイトルとURLをコピーしました