うつ病 家族もうつ病になってしまわないために

メンタル

はじめに

「うつ病になってしまったら」

患者さんはもちろん、家族もつらい思いをします。

患者さんにどう向き合っていけばいいのか?

日々悩まれることでしょう。

どうしたらいいんだろう?と思って調べても

患者さんの立場からの家族としての向き合い方を紹介している場合が多く、

家族目線での患者との向き合い方の情報が少ないと感じます。

うつ病患者さんへの接し方だったり、言ってはいけないこと・してはいけないことだったり。

患者さんの治療のうえで、家族の助けは必要不可欠ですが、

家族に求められることが多いのも事実です。

日々の生活をしながら、家族の病気に真剣に向き合うあまり、知らず知らずのうちに

自分もうつ病になりやすい思考パターンになってしまうことがあります。

この記事では

私の経験をもとに

うつ病患者の家族が自分もうつ病にならないために気を付けることを紹介いたします。

「自分がしっかりしなくては」とは思わなくていい

患者さんの家族の多くが、自分がしっかりしなくてはと考えてしまいがちです。

家庭や生活を守るため、肉体的・精神的な負担が自ずと増えますし、

辛そうな患者さんを見ていると、「自分が頑張らなくては」という気持ちになるのは当然だと思います。

しかし、あまり真面目に頑張りすぎるとどこかで疲れがドッと出てしまいます。

家族がストレスを抱えるのは当然のことです。

それを我慢しすぎてストレスが溜まりマイナスなことを考え始めたりします。

この先の生活のこととか考えてしまい不安になったり。。

自分だけで背負わず、早い段階から他の方にも頼めることは積極的に頼むようにしましょう。

自分の中だけに留めておくと、ご家族の大変さを周囲もなかなか気づいてくれません。

自分の体調が悪くなる前に、協力をお願いしましょう。

大声出してストレス発散「叫びの壷」

憂鬱な気持ちに同調してしまわない

家族がうつ病になると家の中の雰囲気もガラッと変わってしまうことがあります。

特に患者さんの調子が悪いとき、心配ですが「声をかけるべきかかけないべきか」で悩んだり

なるべく静かに過ごせるように物音に気を遣ったり、自然と笑顔が減ってしまいます。

憂鬱な雰囲気が充満していると、自分まで憂鬱な気持ちになりやすいです。

憂鬱な気持ちの時はマイナスなことを考えてしまいます。

それが続くと家庭内の雰囲気が常に暗くなってしまい、家族にも影響が出てしまいます。

できるだけご自分のペースを乱さないように、気分転換などすることも大事です。

ヨガ×武道究極のメンタルをつくる! 対自分・対他者心のトレーニング [ 小沢隆 ]

病気の症状に一喜一憂しない

家族のうつ病が一日でも早く良くなってほしいと思うことは当然ですが、

うつ病の治療期間は患者さんによって様々です。

回復期に段々と調子が良くなっても、また悪くなるを繰り返して徐々に回復していきますので、長い目で見ることが大切です。

症状に一喜一憂していると患者さんもプレッシャーに感じますし、家族も「この前まではあんなに調子がよかったのに。。」という残念な気持ちが出てきてしまい、いつ治るんだろう?と焦りがでたり、落ち込んでしまったり。

その感情の波をご家族が繰り返すのはよくありません。

患者さんもその雰囲気を感じ取ってしまいます。

あくまでも長い目で見て冷静に対応することがお互いにとって良い方向に向かいます。

自分の時間を削りすぎないようにする

他の記事でも書いていますが、家族がうつ病になってしまうと、どうしても自分の時間を削って生活していかなければならないことも増えます。

仕事・家事・育児など。

日々の生活をこなすことが精一杯になってしまうので、自分の時間が減ってしまいます。

そうすると疲労とストレスが溜まっていき患者さんとの関係も良くない方向にいってしまいがちです。

非常に難しく大変ではあると思いますが、無理をしてでも自分だけの時間を確保してください。

それはわがままでもなんでもありません。

あなたと家族を守るために必要なことです。

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

患者さんに気を遣いすぎない

患者さんに気を遣いすぎて、顔色を伺う行動をしたり、患者の言うことを聞きすぎないようにしましょう。

うつ病治療生活をするうえで、患者さんとの日々のコミュニケーションはとても大切ですが、お互いの意見をしっかりと話し合い対等な立場で接することが大切です。

自分の行動が患者さんの病気を悪化させるのではないかという不安から、患者さんの言うことを聞きすぎたり、常に顔色を伺い行動してしまうと、患者さんもその生活に慣れてしまいますし、自分の精神面にも良い影響を与えません。

お互いの妥協点を話し合うことが大切です。

せっかく○○してあげてるのに と思うことはしない

「患者さんのために」としたことが、自分の思う結果ではなかったりするとがっかりしてしまうこともあるかと思います。

仕方のないことですが、あまりその行動が多すぎると「せっかく○○してあげてるのに」という考えが出てしまいます。

「私はこれだけしてあげてるのに」と思ってしまうと、病気のことや患者さんに対してネガティブな思考が出てきます。

自分の努力に見合った結果を求めてしまい、結果が出ないとイライラしてしまったりとストレスが溜まってしまいます。

あくまでも自分の無理のない範囲で行動することが大切です。

まとめ

いかがでしたか?

患者さんの回復を願って生活して、自分も「うつ病」になってしまうことはとてもつらいことです。

患者さんもそのようなことは望んでいません。

家族が元気に毎日生活することが、患者さんの回復のためにも重要です。

自分をまずは大切にしましょう。

それが家族みんなの明るい未来につながっていますよ!

うつ病家族についての「まとめ記事」です↓

プロフィール

みなさま、こんにちは!

けんちゃんサービスのけんちゃんです。

心理カウンセラー/メンタル心理アドバイザーをしております。

ブログでは私の実体験で得た、教訓・知識を発信しております!

みなさまのお役に立てると嬉しいです。

よろしくお願い申し上げます。

プロフィール

みなさま、こんにちは!

けんちゃんサービスのけんちゃんです。

心理カウンセラー/メンタル心理アドバイザーをしております。

ブログでは私の実体験で得た、教訓・知識を発信しております!

みなさまのお役に立てると嬉しいです。

よろしくお願い申し上げます。

メンタル 未分類
けんちゃんサービス

コメント

タイトルとURLをコピーしました